個人的な本の自炊まとめ

激安のScanSnap s510を手に入れてから100冊程のデータ化&処分が終わりました。

なのでちょっとまとめメモ。

機種:ScanSnap s510


バラして部品交換がハイライト(笑)
私は1冊を3~5回に分けてスキャンするので大体1冊10分かからないくらい。
パッドが新しいので重送がほぼ起きないから結構ほったらかし。
(もちろんページ抜けして欲しくない本は見張ってます)

人間:私
労力は惜しまないけどそこまで細かくない。
座右の銘「だいたい」
ちょっとの線は気にしない。
というか気にする本はまだスキャンする勇気がない。
ブックオフの100円ぐらいの本が大量にある。
活字中毒。
自宅住まいなので漫画とハードカバーの本くらいは置ける本棚がある。

本:

ほぼ文字ばっかりの本。
文庫本もかなりある。
前述したとおり100円くらいの本も多い。
漫画も大量にあるが手つかず。
ハードカバーも結構ある(これも手つかず)。

これらの条件なら古い機種でのスキャン生活にも向いてると思います。
こだわりが強い人なら裁断機買うだろうし、ScanSnapも最新機種のほうがいいでしょうね。


とにかく手元に活字を置いて、移動中とかパラパラ読んだり、寝る前に読んだりしたいだけのズボラな私にはs510で充分。
あとAliで部品買うのがハードルにならないなら古い機種おすすめです。
私はデビッドカードで払いました。
Win10で使うなら注意。google先生に聞きましょう。

ソフト:

「pdf_as」
カラーの表紙と白黒orグレーのデータを結合するのに使用。
フリーソフト。
元々PCに入れてたソフトだけど不満は特に無し。

「かんたんPDFダイエット」
結構有名な自炊PDF処理ソフト。
フリーソフト。
作者様HPの導入方法&使い方説明が丁寧で分かりやすい。
PDF圧縮、余白削除、OCR(透明テキスト付PDFにする)、端末向けの最適化(私の場合はFireHD)。
PDFをバラバラのjpegにしたりと多機能。
ePubにしたりMobiファイルに変換したりできるっぽい(使ってない)。
入れてしまえば操作はホントかんたんです。

Androidアプリ:

「PerfectViewer」
amazonアプリだと有料。
お布施気分で買いました。
PDFプラグイン入れて快適読書。

「SideBooks」スマホではこれで読む。
無料アプリ。

※他に使ってみたもの
「ComittoN」
いいんだけどコレってjpegのZIPファイルとか読む人向けっぽい。
有料版買ってみたけど今のところ出番なし。
「PDF Slim」
フリーソフト。圧縮する時たまーに使ってみたり。
あまり出番なし




結局ね、独りで勝手に楽しんでるだけなんですよね('ω')
意外と自炊作業って孤独(笑)。





この記事へのコメント